カーヴェリ川長治の南インド映画日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Ayan】 (Tamil)

<<   作成日時 : 2009/04/30 03:07   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 6 / コメント 10

画像

 スーリヤ主演のタミル映画。
 ヒロインは、ついにコリウッドでブレイクしたタマンナー。スーリヤとのケミストリーが注目される。
 監督のK.V.アーナンドは撮影監督として超有名な人だが、監督作品としては【Kana Kandaen】(05:Tamil)に次いで第2作目。
 公開前から話題作に上がっていたが、期待どおり、快調に客を集めているようだ。

【Ayan】 (2009 : Tamil)
物語・脚本・監督 : K.V.Anand
台詞 : Suba (Suresh-Bala)
出演 : Surya, Tamannah, Prabhu Ganesan, Akashdeep Saighal, Ponvannan, Jegan, Karunas, Renuka
音楽 : Harris Jayaraj
撮影 : M.S.Prabhu
スタント : Franz Spilhaus, Kanal Kannan
編集 : Anthony
制作 : M.Saravanan, M.S.Guhan

《あらすじ》
 デーワ(Surya)は母・カーヴェリ(Renuka)と二人でチェンナイの下町に暮らしていた。小さな日用品店を営む母は、大学院を修了した息子に公務員になることを期待していたが、デーワはダース(Prabhu Ganesan)という密輸業者の片腕として世界を飛び回る日々だった。
 ダースの密輸グループはダイヤモンドや金、海賊版DVDなどを扱っていたが、麻薬には手を出さなかった。彼らはセトという同業者と取り引きしていた。セトも道義を重んじる人物で、裏社会で尊敬もされていたが、息子のカマレーシュ(Akashdeep Saighal)はダースらを排除して、チェンナイの密輸市場を独占しようと目論んでいた。
 ある時、デーワはダースの指示で、新入りのチッティー(Jegan)と共にアフリカのコンゴへ行く。彼らは‘マンボ’という人物と取り引きをし、密輸ダイヤを買い付ける。それはチッティーの不注意で何者かに奪われてしまうが、なんとかデーワが取り戻し、インドへ持って帰る。ダイヤを奪おうとしたのはカマレーシュの差し金だと分かる。
 デーワはチッティーの妹・ヤムナー(Tamannah)と出会い、互いに惹かれ合う。チッティーも二人を祝福する。
 カマレーシュは麻薬の密輸を開始する。父の死後、彼はいよいよ激しくダースらに妨害工作を仕掛けるが、うまく行かない。
 デーワの誕生日に、チッティーは映画の切符をデーワに渡し、ヤムナーと観に行くように言う。だが、その折に、ダースのアジトが税関捜査官のガサ入れに遭う。デーワのとっさの対応で密輸品(金)は見つからずに済んだが、一連の出来事から、デーワはチッティーが裏切り者で、カマレーシュに情報をタレ流していたことを知る。激怒した彼はチッティーとヤムナーに絶縁宣言をする。
 カマレーシュはヘロインをマレーシアに密輸するため、チッティーら数人の男にヘロイン入りのカプセルを飲み込ませ、通関させる。だが、チッティーの飲み込んだカプセルは胃の中で破裂してしまう。たまたま同じ飛行機に乗り合わせたデーワは、クアラルンプールの空港でチッティーが幻覚症状に襲われているのに気付き、彼を救おうとするが、チッティーはカマレーシュの取り引き相手の悪漢に拉致され、カプセルを取り出すためにお腹を裂かれ、死んでしまう。デーワはチッティーの遺体を焼き、彼の携帯電話とパスポートを持ってインドへ戻る。
 だが、この様子はチェンナイの警察にも報告され、デーワはチッティー殺害容疑で逮捕される。カマレーシュに騙されたヤムナーもデーワを激しく責める。しかし、チッティーが今わに際に撮った携帯電話のビデオ映像のおかげで、デーワの無罪は証明される。ヤムナーはデーワに謝る。
 ところで、チェンナイ国際空港にパルティバン(Ponvannan)という税関捜査官がおり、彼は常々デーワにも目を付けていたが、デーワはいつも機転を働かせて、パルティバンの目をごまかしていた。ところが、ある時、デーワは空港である女性から薬を預かってしまうが、それはカマレーシュの罠で、その薬の中にはコカインが入っていた。パルティバンに捕まったデーワは、カマレーシュの大規模なヘロイン密輸計画を暴く代わりに釈放してもらう。
 これを機に、パルティバンはデーワと組み、カマレーシュの密輸計画を次々に摘発する。これにはヤムナーも加わり、彼女はカマレーシュの家に盗聴器を仕掛ける。カマレーシュはパルティバンらの動きに気付き、逆襲するが、失敗に終わる。
 パルティバンはカマレーシュの逮捕・立件のために、証人として彼の取り引き相手を拘束するが、その男はカマレーシュに暗殺されてしまう。反撃のためにカマレーシュはデーワとその母を爆死させようとするが、すんでのところで失敗に終わる。
 ダースはデーワと共にカマレーシュに会い、話し合いの場を設ける。カマレーシュはその場は恭順な態度を見せるが、罠を仕掛けてダースを殺し、その上、コンゴの‘マンボ’との取り引きに必要な「割り符」も奪ってしまう。
 カマレーシュは早速コンゴへ飛ぶ。だが、その後をデーワも追う、、、。

   *    *    *    *

 これがまたよく調理された、ほっこりとしたタミル・ミールス(定食)のような作品だった。とにかく旨い!
 冷静に観ると、面白さは中の上、完成度も中の上ぐらいかもしれないが、私は十分に楽しめた。

 本作の魅力の第一は、なんといってもスーリヤの働きだろう。弾けまくっていたという印象だ。スーリヤといえば、年の割には落ち着いた、無愛想な役をやることも多く、私も「スーリヤのおっちゃん」という呼び方をよくしているが、本作では10歳ぐらい若返った感じで、とにかくカッコいい。
 密輸業者(デーワたち)がどんな手を使って密輸品を運ぶかも興味深かった。映画の中で見せていたアイデアが、実際にスマグラーたちがやっているものなのか、創作なのかは分からないが、密輸業者と税関オフィサーの知恵比べは面白かった。
 もう一つ、ロケ地のユニークさも本作の魅力だろう。デーワ(スーリヤ)の活動範囲に合わせて、カメラは世界各地に飛んでいたが、中でもアフリカでのシーンが目を惹く。アフリカでのロケ地としてはTanzania(Zanzibar)、Namibia、South Africaなどが上がっている。(映画中の都市はCongoのLikasiという設定になっていたが、実際にコンゴにカメラが入ったかどうかは分からない。)

 面白いとはいえ、本作には欠点もあって、ついでだから意地悪く記しておくと、、、(やっぱり、長くなりそうなので省略)。

◆ パフォーマンス面
 上でも指摘したとおり、スーリヤのパフォーマンスはピッカピカで、頼りになる友、可愛い子分、母に頭の上がらない息子、頭の切れるスマグラーなど、様々な側面を活き活きと演じている。この人は今なお目に見えて進化を続けているようだ。
 音楽シーンの一つに、スーリヤのコスチューム・ナンバーがあり、スーリヤ自身の過去作品からのパロディーとか女装とかもあって、楽しい。(この女装は一瞬だったが、けっこう美人。)彼は前作の【Vaaranam Aayiram】(08)でもコスチューム・ダンスをやっており、コスプレにはまってしまった模様。
 (写真トップ:SuryaとヒロインのTamannah。)

 ヒロイン、ヤムナー役のタマンナーは、大きな見せ場というものはなかったが、下町の元気娘を無難に演じていた。もともと個性が強いタイプでもないせいか、スーリヤの濃さともよく馴染んでいた。
 それにしても、このところコリウッドでのタマンナーの人気は相当なもので、まるで滝を上る鯉の勢いだ。そうなった理由というのは、結局、「アシンの代わり」ということなるのだろう。実際、外見的にも、ちょっと間の抜けた表情とか、背丈とか、脚の短さなどはよく似ており、コミカルな芸風もアシンに通ずるところがある。
 ただ、違うのは、タマンナーの肌の白さで、これは南インドで活躍する女優の中では出色のものだ。本作でも、砂漠(たぶん、ナミビア)でのダンス・シーンでその白さが生かされている。
 (写真下:完璧にヒンディー版【Ghajini】のアシンを意識したものだが、こちらもズキュンとくるお色気だった。ちなみにタマンナーは、ダヌーシュ主演の【Padikathavan】では雪の上でのダンスをやっており、それも美しい。)

画像

 つい忘れそうになったが、ダース役のプラブも余裕の演技だった。
 (写真下:Prabhu@ダースとSurya@デーワ。)

画像

 悪役、カマレーシュ役のAkashdeep Saighalについても一言。
 長髪でスマートな雰囲気のワルで、悪役像としてはユニークだったが、残念ながら、このカマレーシュの役柄は本作の弱点の一つになってしまったと思う。
 この人はムンバイの人で、テレビドラマの俳優、モデルなどをやっているらしい。人物としては個性的な人のようだ。
 近ごろ、テルグによく出ているケリー・ドールジーとか、このAkashdeep Saighalなどのように、南インドでも悪役のスマート化が見られるようだが、これは一つのトレンドだろうか?
 (写真下:Akashdeep Saighal。某テレビドラマのスチールより。)

画像

◆ テクニカル面
 ハリス・ジャヤラージの音楽はいつもながらの気持ちの良いもの。なぜかスーリヤのキャラともピッタリだ。
 だが、本作は音楽シーンよりアクション・シーンのほうが見もの。コンゴのごちゃごちゃした下町での「ダイヤ奪い合い追跡劇」はよく撮れている。(しかし、本作のアクション・シーンはいくつかのハリウッド映画からのパクリという指摘もあり。)

◆ 結語
 観なきゃ損、というわけではないが、観て損はない。本作に溜飲の下がるようなカタルシスを期待すべきではないが、とにかく楽しい気分にさせてくれる陽性の娯楽映画だ。
 頭の血管が切れそうでないスーリヤを見るというのも、いいもんだ。

・満足度 : 3.5 / 5
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(6件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
【Aadhavan】 (Tamil)
 ラヴィクマール監督、スーリヤ主演のタミル映画。  ラヴィクマール監督といえば、【Muthu】(95)や【Padayappa】(99)などで知られるタミル映画界を代表するヒットメーカーだが、昨年の【Dasavathaaram】を見ても分かるとおり、長いキャリアにおいても創作上の野心やアイデアが衰えないという、実にパワフルな監督だ。スーリヤはスーリヤで、目下、触れば電気が来そうなぐらい活きの良い俳優だが、この2人が組めば、娯楽アクション映画としては相当なものが出て来ると期待して間違いな... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2009/11/06 22:12
【Paiyaa】 (Tamil)
 リンガサミ監督、カルティ(スーリヤの弟)主演、そして、「ミルク・ホワイト・ビューティー」こと、タマンナーがヒロインのタミル映画。  いやぁ、私はカルティのことをせいぜい「スーリヤのマネージャー」ぐらいが適当だろうと思っていたのだが、今年の初めに公開された【Aayirathil Oruvan】が当たり、一躍コリウッドの新ヒーローとしてブレイクしてしまった。この【Paiyaa】も順調に客を集めているらしい。やはり、こういう田舎顔が今のタミル映画のトレンドなのか?(もっとも、本作の場合、... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2010/04/15 02:11
【Ko】 (Tamil)
 K・V・アーナンド監督、ジーヴァ主演のタミル映画。  K・V・アーナンド監督は、そもそも撮影監督として名を馳せていた人だが、監督としてもこれまで【Kana Kandaen】(05)と【Ayan】(09)を発表し、高い評価を得ている(特に【Ayan】はブロックバスターとなった)。比較的リアルなタッチの社会派娯楽映画を作りたい人のようで、ガウタム・メノン監督などとの同時代性が感じられる。  他方、主演のジーヴァは、有名な映画プロデューサー、R.B. Choudryの息子ということで、... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2011/04/27 21:22
【Maattrraan】 (Tamil)
 カーヴェーリ川の水騒動が解決したわけではないが、カルナータカ州で取られていたタミル映画に対するボイコット措置が解かれ、スーリヤ主演の【Maattrraan】も公開されたので、観て来た。本作のタミル・ナードゥ州での公開は10月12日で、カルナータカ州では26日だったので、たかだか2週間のブランクで済んだ。実はカルナータカ州でも本作のテルグ語ダビング版【Brothers】なら堂々と上映されていたので、そちらを観ておくという手もあったが、スーリヤのあの顔からタミル語以外の言語が出てくること... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2012/11/09 23:32
【Vathikuchi】 (Tamil)
 コリウッドのヒットメーカー、A・R・ムルガダース監督は「Fox Star Studios」と共同で【Engaeyum Eppothum】(11)をプロデュースし、ヒットさせた。その同じ制作グループによる第2弾が本作【Vathikuchi】。  監督はP・キンスリンという人。【Engaeyum Eppothum】と同様、やはり新人監督の起用となったが、どうやらこの人はムルガダースの弟子らしい。  さらに、主役のディリーバンという人も新人だが、この人はムルガダースの弟らしい。  ム... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2013/04/03 10:16
【Anegan】 (Tamil)
 K・V・アーナンド監督、ダヌシュ主演の話題の新作【Anegan】。  K・V・アーナンド監督は知的なテーマを娯楽性豊かな映画にまとめ上げるのがうまく、【Ayan】(09)や【Ko】(11)といった大ヒット作があるが、前作【Maattrraan】(12)は旗色が悪かった(私は面白いと思ったが)。今回は持っている男、当たり屋ダヌシュと組んだからには、大丈夫だろう。 ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2015/02/17 21:08

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(10件)

内 容 ニックネーム/日時
へぇ、タマンナー嬢の人気はそんなにウナギ上りなんですか。
その内気がついたら鱈子嬢と激突したりして、、、、、
Piyo
2009/04/30 05:00
はい、こちらではかなりの勢いを感じますね。
主にタミルで好まれているのですが、「テルグ映画からもオファーがあるけど、タミル映画で忙しくって、断ってる」とのコメントが先日の新聞にありました。

人気が出たら人気が出たで、シラけてしまい、もう「私の珠ちゃん」と言うのはやめにしました。
 
カーヴェリ
2009/04/30 15:29
>もう「私の珠ちゃん」と言うのはやめにしました。

微妙なファン心ですね。

ちなみに珠ちゃんのテルグデビューはまんちゅっちゅの【Sri】じゃぁないですか!
http://www.idlebrain.com/movie/photogallery/manoj2ndfilm.html
これ、どうもディスク化されてないみたいなんですよねぇ、見たいのに。
しかし、彼女のオフィシャルページのフィルモグラフィーで、”Hero:Vishnu”と言う間違いはやめて欲しいな。

後2,3年したら鱈子のように大変身してそうな気がします。
Piyo
2009/04/30 16:18
「はまんちゅっちゅ」て、だれですのん???
 
カーヴェリ
2009/04/30 16:58
カーヴェリさん、
知ってて突っ込んでるでしょ。
”デビューは、まんちゅっちゅの”
と言う文脈でっせ。
そう、モハン バブーの次男の私の”まんちゅっちゅ”ですがな。
Piyo
2009/04/30 20:20
ああ、こりゃ失敬しました。

そうですね、“まんちゅっちゅ”ですね、確か、シャルワナンドの弟の。
 
カーヴェリ
2009/04/30 22:22
そうそう、そのシャルワナン、、、、、、

もうええっちゅうねん、バシッ
Piyo
2009/05/01 00:17
Manchuってのは苗字な訳だから、あの一家全員が「まんちゅっちゅ」ということになるのでは?(天然ボケ)
Periplo
2009/05/01 01:42
じゃあ、シャルワナンドも「まんちゅっちゅ」だったわけですね。
 
カーヴェリ
2009/05/01 11:27
そうなんです。
ちなみにシッダ君もプラバース君もシュリカンも「まんちゅっちゅ」なんです。
モハン バブー、子沢山。
そっかぁ、ヴィシュヌは庶子なんだぁ。(前夫の子)
Piyo
2009/05/01 15:59

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Ayan】 (Tamil) カーヴェリ川長治の南インド映画日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる