アクセスカウンタ

<<  2016年10月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
【Nagarahavu】 (Kannada)
【Nagarahavu】 (Kannada)  もう7年前に200本の主演映画を遺して逝去したヴィシュヌヴァルダンが、現代に甦り、201本目の作品となったのがこの【Nagarahavu】。顔ペタのデジタル処理であっても、「201本目」と謳われると、観に行かざるを得ない。  監督はファンタジー映画の第一人者、テルグ映画界で活躍するコーディ・ラーマクリシュナ。VFXはテルグ映画の【Eega】(12)や【Baahubali】(15)でお馴染みのMakuta VFXが担当するということだから、これは期待できるかも。  さらにヒロインは、政治... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2016/10/26 20:22
【Dana Kaayonu】 (Kannada)
【Dana Kaayonu】 (Kannada)  先日カンナダ映画の【Idolle Ramayana】を観、娼婦役のプリヤーマニに一定の満足感を覚えたが、この【Dana Kaayonu】はもっと凄そうな「村の牛飼い娘」役のプリヤちゃんが見られるということで、さらに鼻血ぶうな予感。いや、前回のタマンナーの田舎娘役といい、このお祭りシーズン、南インド映画のラインナップはオレのためにあるぜ! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/10/19 21:56
【Abhinetri】 (Telugu)
【Abhinetri】 (Telugu)  【Idolle Ramayana】の次は【Dana Kayonu】と、プリヤちゃん2連発と行きたかったが、客席の埋まり具合から判断して、どうもテルグ映画【Abhinetri】がフロップに終わりそうな気配だったので、まずこちらを優先した。  出演がプラブデーヴァー、タマンナー、ソーヌー・スードと面白い並びだったし、どうやらホラー映画っぽかったが、A・L・ヴィジャイ監督なら一味違ったものを見せてくれるだろうという期待もあった。  周知のとおり、本作はタミル語、テルグ語、ヒンディー語のトリリ... ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2016/10/13 19:41
【Idolle Ramayana】 (Kannada)
【Idolle Ramayana】 (Kannada)  プラカーシュ・ラージは、俳優としては押しの強い大型悪役を演じることが多いが、映画監督としては不思議と繊細な小品を撮っている。このコントラストが面白い。俳優としての仕事と監督としての仕事が補完的になるよう、意図的にバランスを取っているのかもしれない。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2016/10/12 20:17
【Doddmane Hudga】 (Kannada)
【Doddmane Hudga】 (Kannada)  プニート主演で【Doddmane Hudga】(お館の息子)という、いかにもな題名の映画が製作されていることは早くから知っていたが、その監督がスーリだと知ったときは「ありゃ?」と思った。カンナダ映画ファンなら誰しもが楽しみにしている【Kendasampige】(15)の続編(正確には、前編)【Kaage Bangara】はどこへ行った?と思った人も多いだろう。本作はプニートの主演25本目記念作品とのこと。そのため、【Jackie】(10)、【Anna Bond】(12)と、プニートとは相性... ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 2

2016/10/05 21:02

<<  2016年10月のブログ記事  >> 

トップへ

カーヴェリ川長治の南インド映画日記 2016年10月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる