カーヴェーリ川長治の南インド映画日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Chekka Chivantha Vaanam】 (Tamil)

<<   作成日時 : 2018/10/10 20:52   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

画像

【Chekka Chivantha Vaanam】 (2018 : Tamil)
題名の意味 : 深紅の空
映倫認証 : U/A(インドで)
タ イ プ : オリジナル
ジャンル : ドラマ
公 開 日 : 9月27日(木)
上映時間 : 2時間26分

監督 : Mani Ratnam
音楽 : A.R. Rahman
撮影 : Santosh Sivan
出演 : Arvind Swami, Arun Vijay, Silambarasan, Vijay Sethupathi, Prakash Raj, Jyothika, Aishwarya Rajesh, Aditi Rao Hydari, Dayana Erappa, Jayasudha, Thiagarajan, Mansoor Ali Khan, Appani Sarath, RJ Sindhu, 他

《 プロット 》
 セーナ(セーナーパティ:Prakash Raj)は実業家兼マフィアのドン。彼には息子が3人――長男ワラダン(ワラダラージャン:Arvind Swami)、二男ティヤーグ(ティヤーガラージャン:Arun Vijay)、三男エッティ(エッティラージャン:Silambarasan)――がおり、それぞれ表向きの顔とは別に闇ビジネスもしていた。ある日、セーナが妻ラクシュミ(Jayasudha)と共に寺院参拝した際に、何者かに襲撃され、セーナは重傷を負って入院する。この事件を機に三人の息子は集結し、復讐を誓う。ワラダンは情報収集のため、友人で停職中の警官ラスール・イブラヒム(Vijay Sethupathi)と連絡を取る。三人の息子は父とライバルだったチンナッパ(チンナッパダーサン:Thiagarajan)が襲撃事件の背後にいると考え、攻撃を仕掛ける。だがチンナッパは無実を訴える。そんな折に、セーナはラクシュミに「三人息子のうちの一人が私を襲った者だ」と告げる、、。

・他の登場人物 : ワラダンの妻チトラー(Jyothika),ティヤーグの妻レーヌ(Aishwarya Rajesh),エッティの妻チャーヤー(Dayana Erappa),レポーターのパールワティ(Aditi Rao Hydari)

《 コメント 》
・実業家でドンの父親が暗殺されかかるが、やったのは三人息子の誰かではないかということで、息子たちの間で疑心暗鬼が生じ、エゴが炙り出され、破滅に向かうという、どこかシェークスピア劇を思わせるような物語。マニ・ラトナム監督らしい心理的な掘り下げのある作品で、コンセプトも面白いし、ヒネリもあってよくできた脚本だが、難を言えば、けっこう退屈だった。

画像

《 オマケのひと言 》
・マニ・ラトナム映画の楽しみの一つは、どの女優がどんな使われ方をしているか、というのがあると思うが、本作も複数の女優が出ていて、楽しめた。上の写真のような人物の割り方をすると誤解を招くが、左から2番目のプラカーシュ・ラージ(セーナ)とジャヤスダー(ラクシュミ)は夫婦役で、その下のジョーティカー(チトラー)は右端アラヴィンド・スワーミ(ワラダン)の妻役、アラヴィンド・スワーミの下にいるアイシュワリヤー・ラージェーシュ(レーヌ)は左端アルン・ヴィジャイ(ティヤーグ)の妻役、アルン・ヴィジャイの下のスレンダー美女ダヤーナー・イェラッパー(チャーヤー)は右から2番目のシンブ(エッティ)の妻役、シンブの下のアディティ・ラーオ・ハイダリはアラヴィンド・スワーミの愛人役となっている。個人的には、アイシュワリヤー・ラージェーシュが一番良かったかな。
 (写真下: 恒例(?)の「マニさんとツーショット」なアイシュワリヤーちゃん。)

画像

◆ 完成度 : ★★★★☆
◆ 満足度 : ★★★☆☆
◆ 必見度 : ★★★☆☆

《 鑑賞データ 》
・鑑賞日 : 10月6日(土),公開第2週目
・映画館 : Coliseum (Kuala Lumpur),15:15のショー
・満席率 : 1割以下
・場内沸き度 : ★☆☆☆☆
・備 考 : 英語字幕付き

《 参考ページ 》
https://en.wikipedia.org/wiki/Chekka_Chivantha_Vaanam
https://www.imdb.com/title/tt7892050/

 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Chekka Chivantha Vaanam】 (Tamil) カーヴェーリ川長治の南インド映画日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる