カーヴェーリ川長治の南インド映画日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 《2018年・上半期・私の南インド映画ベスト5》

<<   作成日時 : 2018/10/30 22:28   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

@ 【Mahanati】 (Telugu)
A 【Kaala】 (Tamil)
B 【Tagaru】 (Kannada)
C 【Awe!】 (Telugu)
D 【Tholi Prema】 (Telugu)
次点 【Gultoo】 (Kannada)

・5本さえ選ぶのに苦労するほどの不作の期間だった(いや、私の観た本数が少なすぎた)。しかし、ベスト3の【Mahanati】、【Kaala】、【Tagaru】は間違いなく傑作。一応、序列は付けたが、この3作は同じぐらい好き。

・【Awe!】はそれほど凄い映画とは思わないが、テルグ映画には珍しい実験的なコンセプトと、女優の使い方の面白さでランクイン。なにせニティヤがトランスジェンダーを演っているんだから。

・私のベスト5にしては珍しく、今回はテルグ映画が過半数を超えた。

・次点の【Gultoo】は、カンナダ・新人映画監督奨励賞みたいなもんです。これ以外で挙げるとすると、【Thaanaa Serndha Koottam】(Tamil)と【Naa Peru Surya, Naa Illu India】(Telugu)か。

 

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
《2018年・上半期・私の南インド映画ベスト5》 カーヴェーリ川長治の南インド映画日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる