テーマ:ヒンディー映画・他

【Girgit】 (Tulu)

【Girgit】 (2019 : Tulu) 題名の意味 : 風ぐるま 映倫認証 : U タ イ プ : オリジナル ジャンル : コメディー 公 開 日 : 8月23日(金) 上映時間 : 2時間31分 監督 : Roopesh Shetty, Rakesh Kadri 音楽 : Joel Robello, D…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【Mercury】 (All Languages)

【Mercury】 (2018 : All Languages) 脚本・監督 : Karthik Subbaraj 出演 : Prabhu Deva, Sananth Reddy, Indhuja, Shashank Purushotham, Deepak Paramesh, Anish Padmanabhan, Gajaraj…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【Akira】 (Hindi)

 本ブログは「南インド映画日記」ということだが、ボリウッド映画でも南インドと関係のあるものなら、例えば南インド映画のリメイクとか、監督や主演クラスの俳優が南インドのタレントとか、物語の舞台の多くが南インドとかなら、ぜひ書く方針だった。しかし、【Chennai Express】(13)を最後にヒンディー映画はご無沙汰だった。それ以降も南が…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【Chaali Polilu】 (Tulu)

 先週末は日頃馴染みのない言語の映画を2つ観て来た。1つはトゥル語の【Chaali Polilu】、もう1つはベンガル語の【Chotushkone】。後者は非常に良い映画だったが、南インド映画ではなく、本ブログで紹介する理由がないので、今回は前者のみ鑑賞記を書く。  「トゥル語」というのはドラヴィダ語族の1つで、【Ulidav…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【Apur Panchali】 (Bengali)

 「人間にはインドに行ける者と行けない者があり、さらにその時期は運命的なカルマが決定する」とは三島由紀夫が言ったらしい有名な一句だが、それからすると、私はそのカルマの真っただ中にいることになる。ところが私は、殊更インドを特別視したようなこの言葉が嫌いで、畢竟、私は勝手にインドへ来たんだし、今の会社との契約が終われば、当たり前のようにイン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【Chennai Express】 (Hindi)

 ボリウッドのローヒト・シェッティ監督がシャールク・カーンとディーピカー・パドゥコーネを起用して【Chennai Express】という映画を撮りつつあり、それが「タミル人をステレオタイプ化して茶化しているのでは?」と南インドではちょっとした騒動になっていたのはさすがに聞いていたが、私としてはこの映画は結局観ないだろうなぁと思ってい…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

【Force】 (Hindi)

 今年のディーパーワリの話題作として、タミル映画ではスーリヤ主演の【7aum Arivu】、ヴィジャイ主演の【Velayudham】、ヒンディー映画ではシャールク・カーン主演の【Ra.One】が公開され、どれも快調に客を集めているようだ。  そんな時期に、私は【Force】のようなもう1ヶ月も前に公開され、しかも興行的にイマイチだ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

【Bbuddah Hoga Terra Baap】 (Hindi)

 プーリ・ジャガンナート監督といえば、テルグ映画界におけるアクション映画の雄であるが、そんな彼がアミターブ・バッチャン主演でヒンディー映画を撮っていたなんて全然知らなかった。また、アミターブ・バッチャンがハーレー・ダビッドソンを乗り回す映画があるという噂を聞き、「老いてなお頑張るなぁ」と、気にはなっていた。それらの情報がこの【Bbudd…
トラックバック:3
コメント:2

続きを読むread more

【Bengaloored】 (English)

 ダイナミックな経済成長に伴ってインドの諸都市も変化を遂げつつあり、昔からインドと関わってきた人の中には「インドも変わってしまたなぁ」と実感している人も多いだろう。バンガロールもそんな都市の一つであり、外国人だけでなく、もちろんインド人自身からも変化の声が聞かれ、バンガロールの変容をネタに仕込んだ映画もよく作られている。  この【…
トラックバック:4
コメント:2

続きを読むread more

【Raavanan】 (Tamil)/【Raavan】 (Hindi)

 【Guru】(07)以来、実に3年ぶりとなるマニ・ラトナム監督の新作。  マニ・ラトナム監督がごそごそ動いているだけでも話題となるのだが、本作は【Aayitha Ezhuthu】/【Yuva】(04)と同様に、キャストを変えてタミル語/ヒンディー語の2バージョンが同時制作され、アビシェーク・バッチャンやアイシュワリヤ・ラーイ、ヴィク…
トラックバック:9
コメント:2

続きを読むread more

【Wanted】 (Hindi)

 テルグ映画の【Pokiri】(プーリ・ジャガンナート監督、マヘーシュ・バブ主演)といえば、2006年の記録的なブロックバスターで、インドの多くの映画人を刺激したようだ。まず、プラブデーワの監督により、さっさとタミル語版リメイク【Pokkiri】(ヴィジャイ主演)が作られ、2007年の初頭に公開、これもブロックバスターとなった。そし…
トラックバック:2
コメント:6

続きを読むread more

【Billu】 (Hindi)

 お待たせしました、プリヤダルシャン監督の【Billu】でございます!  ご存知、マラヤラム映画のヒット作、【Kadha Parayumbol】(07)のヒンディー語版リメイク。【Kadha Parayumbol】はすでに昨年、P.ヴァース監督によってタミル語版【Kuselan】、テルグ語版【Kathanayakudu】として…
トラックバック:1
コメント:12

続きを読むread more

【Ghajini】 (Hindi)

 アーミル・カーン主演のボリウッド映画。  スーリヤ主演のタミル映画【Ghajini】(05)のヒンディー語版リメイク。監督はオリジナルと同じ、A.R.ムルガダース、ヒロインも、、、と、今さらこんなことを書く必要もないだろう。  昨年末のクリスマス期に公開され、大ヒットを記録した話題作だが、その話題もひとまず収まり、インド映画フ…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

【Phoonk】 (Hindi)

 ラーム・ゴーパール・ヴァルマ監督、スディープ主演のボリウッド映画。  と、こんなところにスディープ氏の名前が並ぶとは、ちょっと複雑な気持ち。  サウスの俳優はボリウッドでは良い目を見ないのが普通だが、今回は主役、ですか。いいんでしょうかね、カルナータカの田舎スターがメジャー・デビューなんかしちゃって。  スディープといえ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

【Jaane Tu... Ya Jaane Na】 (Hindi)

 特集「ボリウッドのジェネリア」、第2弾! ということで、公開2週目にして早くもブロックバスター宣言が出された【Jaane Tu... Ya Jaane Na】。  私はこの映画を以って、「ジェネリアは南インドに帰って来ない」という最終結論を下すつもりだったが、なんてことはない、先日、タルンと共演のテルグ映画が現在撮影中だという記…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【Mere Baap Pehle Aap】 (Hindi)

 プリヤダルシャン監督のボリウッド映画。  私のこのブログでボリウッド作品を取り上げるのはかなり久し振りで、去年の【Om Shanti Om】以来だ。その間、一つもボリウッド作品を観ていなかったわけではなく、【Taare Zameen Par】と【Jodhaa Akbar】と【Black & White】の3本は観ている。これが今…
トラックバック:4
コメント:0

続きを読むread more

【Om Shanti Om】 (Hindi)

 ダサラもディワリも終わり、インドに乾季がやって来た!  バンガロールでも朝晩は肌寒いぐらいだが、昼はぽかぽかした秋晴れの天気が続き、映画鑑賞にも持って来いの季節だ。  別にピクニックに行くわけではなく、映画と天気は関係なかろうと思われるかもしれないが、これが大ありなのである。  インドの映画館では切符を買うためには屋外で並ばなけ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more

【Bhool Bhulaiyaa】 (Hindi)

 今年の大ヒット作【Chak De! India】で、インド人の間で州や言語の違いが偏見や対立を生む要因になっているのを見て、非常に興味深かった。興味深いというのは、こりゃ、インド映画を取り巻く世界でも同じだわ、と思ったからである。  インドで作られる映画はインド映画ということになるのだろうけれど、世に「インド映画」というものは存…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

【Cheeni Kum】 (Hindi)

 この間、ヒンディー映画の【Life In A... Metro】という作品を観て、いたく感銘を受けた。作品そのものの出来も良かったが、何といっても多様な恋愛の形が描かれており、しかも登場人物たちがその恋愛を楽しむ、、、そりゃあ、恋に躓き、泣いたり自殺未遂したりもあるが、それでも恋愛は素晴らしいものだという喜びにあふれていて、それが実に…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【Provoked】 (English)

 これはまた、とんでもない映画が登場したものだ。  作品そのものの質というより、なにせ、あのアイシュワリヤが殺人事件を犯す、しかも、夫を焼き殺すという妻の役を演じているのだから、その一点だけでも、アイシュ・ファンなら必見だ。  しかし、アイシュワリヤといえば、つい先日アビシェク・バッチャンと華燭の典を挙げたばかりで、このところそ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

【The Namesake】 (English)

 【Salaam Bombay!】(88)や【Monsoon Wedding】(01)などでお馴染みのミーラー・ナーイル監督の新作。原作はピューリッツァー賞作家・Jhumpa Lahiriの同名小説、、、などど書くといかにも原作を読んでるかのように聞こえるが、この映画に触れるまではジュンパー・ラーヒリーのジュの字も知らなかった。 …
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

【Nishabd】 (Hindi)

 ラーム・ゴーパール・ヴァルマ監督の新作映画。   去年【Shiva】を観逃したせいか、RGV監督の作品もずいぶんご無沙汰という気がする。RGV監督といえば、インドでは際立って個性的な監督、脚本家、プロデューサーで、影響力も強い。【Naach】(04)も【Sarkar】(05)も独自の映像哲学が炸裂した作品だっただけに、やはり期待…
トラックバック:2
コメント:0

続きを読むread more

【Guru】 (Hindi)

 マニ・ラトナム監督のヒンディー映画。  もう2週間も前に観た映画で、今さらコメントを書くのもやめようかと思っていたが、ここのところ南インドの、しかもどちらかと言うと地味な作品ばかり取り上げていたので、たまには「メジャー」級も書かなければと、、、。  マニ・ラトナムといえば私が神様のように尊敬するインド人の一人で、この人がいなけ…
トラックバック:3
コメント:0

続きを読むread more

【Lage Raho Munnabhai】 (Hindi)

 私はサンジャイ・ダットのファンである。  かつて【Daag】や【Vaastav】、【Mission Kashmir】などを観て、その存在感にただならぬものを感じていた。  長身に長い腕、その長い腕をフルに使って、敵役の頭の上から銃を突きつけるポーズなど、なかなか他の俳優には出せない迫力だった。  常々私は、俳優たるもの「きわどさ…
トラックバック:5
コメント:0

続きを読むread more