カーヴェリ川長治の南インド映画日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 【Arundhati】 (Telugu)

<<   作成日時 : 2009/02/13 23:03   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 14 / コメント 8

 近ごろ、低予算の若者向けラブストーリーが客を集めているテルグ映画界。
 とはいえ、やはり何が起きるか分からないのがインド映画界。ここにたっぷり予算を注ぎ込んだ凄そうなホラー映画が登場した。しかも、大ヒット中。

画像

 とにかく、この映画のポスター、スチール写真を見ただけで、ただならぬものを感じるだろう。それは、主演のアヌシュカが、これまでグラマーでセクシーなアイドル系路線を歩んでいたことを知っている者なら、なおさらである。
 さらに、監督のコーディ・ラーマクリシュナとプロデューサーのシャーム・プラサド・レッディといえば、テルグの傑作神様映画【Ammoru】(95)を作ったコンビだ。
 インドではホラー映画は珍しいと言われることも多いが、テルグではコンスタントにヒット作が生まれ、最近でも【Mantra】(07)や【Anasuya】(07)など、秀作もある。
 この【Arundhati】も、テルグ・ホラーの里程標となり得るだろうか。

【Arundhati】 (2009 : Telugu)
監督 : Kodi Rama Krishna
出演 : Anushka, Sonu Sood, Sayaji Shinde, Deepak, Manorama, Kaikala Satyanarayana, Ahuti Prasad, Chalapathi Rao, Subhashini, Annapurna, Jayalalitha, Siva Parvathi, Meena, Baby Divya
音楽 : Koti
撮影 : K. Senthil Kumar
美術 : Ashok Kumar
特殊効果 : Rahul Nambiar
編集 : Marthand K. Venkatesh
制作 : M. Shyam Prasad Reddy

《あらすじ》
 アルンダティ(Anushka)はガドワル地方の王家の末裔。愛するラーフル(Deepak)との結婚式を間近に控え、ハイダラーバードの家では祝祭ムードだった。だが、故郷に住む祖父(Kaikala Satyanarayana)が怪我をしたとの連絡が入ったため、アルンダティは生まれて初めてガドワルの屋敷を訪れる。彼女はそこで祖父や年老いたメイドのチャンドランマ(Manorama)たちと再会する。
 この屋敷の近く、小高い丘の頂上に廃れた無人の宮殿があった。アルンダティはラーフルに電話で呼び出され、その宮殿まで行くが、そこで不気味な経験をする。
 アルンダティからその経緯を聞いたチャンドランマは、彼女の曾祖母に当たるもう一人のアルンダティについて語り始める。
 ・・・
 時は遡って、1920年代。王女アルンダティ(Anushka)はその毅然とした高貴な人格から、地元の女神の名にちなんでジェージャンマと呼ばれていた。
 ジェージャンマには一人の姉がいたが、彼女はいとこのパスパティ(Sonu Sood)という男と結婚していた。パスパティは常軌を逸した女好きで、気に入った女は片っ端からレイプし、殺すことも辞さない男だった。ジェージャンマが敬愛する盲目の舞踊教師も彼に犯され、殺されてしまい、それを苦にした姉はとうとう自殺してしまう。激怒したジェージャンマは村人に命じてパスパティを袋叩きにし、体を馬に牽かせる。
 パスパティは死んだものと思われていたが、森の中でアゴーリの人々(異端的ヒンドゥー教を信奉する苦行者たち)に救われていた。彼はジェージャンマに対する復讐のために、黒魔術を身に付ける。
 折りしも、ジェージャンマの結婚式が執り行われた直後に、パスパティは宮殿に現れ、妖術でジェージャンマを攻撃する。格闘の末、ジェージャンマは彼を取り押さえ、とどめを刺すところまで追い詰める。だが、そこに居合わせた僧侶が、この男を殺せばその魂は非常に強力な悪魔に変容する恐れがあるので、生きたまま封印すべきだ、と忠告する。それに従って、パスパティの周りに壁が作られ、マントラを刻んだ札が貼られ、封印される。そして、王家はその宮殿をうち捨て、近くの屋敷に移り住む。
 しかし、48日後にパスパティが絶命した直後から、その影響で村の空気や水が汚染され、人々の心も荒むようになった。困惑したジェージャンマは森に住む呪術師たちに伺いを立てるが、彼らが示した解決策はジェージャンマの死であった。彼女はそれを受け入れ、生贄となる。
 ジェージャンマの死により、パスパティの霊は静まる。
 ・・・
 時を隔てて生まれたアルンダティこそ、このジェージャンマの生まれ変わりであった。パスパティの霊は復讐のため、再び活発になる。彼はある男を妖術で惑わし、封印を解かせることに成功する。自由になったパスパティの悪霊はいろいろな人物に取り憑き、アルンダティに襲いかかり、彼女に宮殿に来るよう要求する。
 彼女はアンワル(Sayaji Shinde)というイスラーム教の祈祷師やチャンドランマの助けを借りる。そして、ジェージャンマが残した肖像画から、パスパティの悪霊を倒すための武器(ジェージャンマの骨から作られた剣)の存在を知る。
 アルンダティとアンワルはその武器を探しに車で出かけるが、悪霊の妨害で車は事故に遭い、アンワルは谷に転落する。悪霊はさらにアルンダティの家族にも危害を及ぼそうとしていた。アルンダティは仕方なく一人で宮殿に向かうが、そこには、新月の晩、生前の肉体を取り戻したパスパティが待ち受けていた、、、。

   *    *    *    *

 もう、映画の開始から終了まで、ダムの水が流れ落ちるような勢いの作品だった。
 グラフィックスによる幻影的映像の氾濫に、俳優たちのド迫力演技で、2時間15分の短い作品でありながら、質量はたっぷり3時間分あった。
 ちょっとは息抜きタイムがあってもよさそうなものだが、そんなことお構いなしに剛速球を投げ続けた姿勢に拍手したい。
 さすがテルグ映画だ。肝っ玉が据わっている。

 ただ、映画を見終わった直後に、「な、な、何が起こったんだ」という感覚が残り、これは、その凄まじさに呆気に取られたと同時に、どうも私の中で「スベった感」があるようなのだ。
 たぶん、通常の恋愛物や復讐物のように、具体的というか、直接的で分かりやすい形で感動ポイントを突いてくるような作品ではなく、本作はつまり、「善と悪の戦い」といった哲学的な、高遠なテーマに還元される作品のように感じられたからだと思う。

 まぁ、そんな難しいことは考えずに、活劇ホラーとして、ハリウッドの娯楽映画でも観るような感覚で観ても十分面白い。しかし、どうせなら、本作にみっちりと詰め込まれたディープなインド文化を意識しながら観ると、もっと面白いだろう。
 この観点で行くと、私が気にかかったのは「邪教」、「女性」、「ムスリム」の3点だ。これらは現代のインド社会において、何らかの理由で蔑視・異端視されるようになったものだが、実際には無視できない要素としてインドの社会や人々の心の中に陣取っている。

 で、私の気がかり点は、、、例えば「善悪の戦い」といっても、本作では単純に「善」と「悪」の二項対立としては捉えられておらず、パスパティに黒魔術を授けるのも、アルンダティに正義の剣を授けるのも、同じように森に棲息して呪術を扱う人々なのである。彼らは何者なのか? どうして現代インドにもこういう人々が存在するのか? また、彼らが扱う「力」とは何なのか?
 また、本作の主人公ははっきりと「女」で、悪と戦う主体が女だというのが興味深い。もちろん、本作で「悪」とされているのは男の「情欲」で、その被害者たる女が男と戦うのは無理のない発想だが、しかし、男が代わりに戦ってもいい。だが、あえて女を持ってきたのは何故か? このアルンダティ(ジェージャンマ)という女性とその行為を通して象徴されているものは何か?
 最後に、アルンダティに協力するアンワルという男は「ファキール」(fakir)と呼ばれるイスラーム教の修行者だが、「バガヴァッド・ギーター」にも精通し、厄除けにヒンドゥー教の手法も取り入れる非常に興味深い人物として描かれている。しかし、この人物をムスリムと設定しなければならなかった理由は何か?

 こうしたことを念頭に置きながら本作を観ると面白いだろうし、また、人によっては違った疑問・解釈も生まれるだろう。もしかすると、そんなことを喧々諤々と議論していく中から、インド文化の一大スペクタクルを発見できるかもしれない。

◆ パフォーマンス面
 まずは、二人のアルンダティを演じたアヌシュカに脱帽!
 パスパティの悪霊に翻弄され、怯えまくる2代目アルンダティも色っぽくて良かったが、なんと言っても初代アルンダティ(ジェージャンマ)が素晴らしい。女神にも例えられる凛とした態度、パスパティとの気迫のこもった渡り合いなど、女神女優のラミャ・クリシュナンを髣髴とさせる姿だった。(吹き替えはShilpaという人らしいが、凄い声だ。)
 私はこれまでアヌシュカのことを高く評価していなかったが、彼女の資質を見抜けなかった鑑識眼のなさに、恥じ入るばかりだ。
 (写真トップ:血まみれのセクシー女優・アヌシュカさん。)

 ちなみに、少女時代のジェージャンマを演じた子役(Baby Divya)も毅然としてカッコ良かった。【Ammoru】でもそうだったが、こういう存在感のある少女を描き入れるのはコーディ・ラーマクリシュナ監督の趣味だろうか?

 凄いといえば、パスパティ役のソーヌー・スードも大変な役柄だった。
 彼はテルグ映画では悪役をやることが多いので、大化けしたわけでもないが、今回のエグさは度を越している。王室の一員だったときも女好き、黒魔術師になってからも女好き、悪霊になってからも女好きと、どうしようもなく業の深い男を「熱演」しており、彼の「アンマ〜レ〜、ボンマ〜レ〜」(べっぴんちゃ〜ん、おにんぎょちゃ〜ん)というセリフはキモチ悪く耳に残る。(P. Ravi Shankarという人の吹き替えのようだ。)
 演技者ソーヌー・スードとしては箔が付いたに違いないが、変なイメージも纏わり付くかもしれない。少なくとも、【Jodhaa Akbar】(08)で共演したリティック・ローシャンからは「オメェ、大根役者だと思ってたら、いつから化けもん役者になったんだい?」と茶化されることだろう。
 (写真下:Anushka@ジェージェンマとSonu Sood@パスパティ。)

画像

 イスラーム教の祈祷師・アンワルを演じたサーヤージ・シンデは好感度アップだ。
 知ってのとおり、彼はねちねちっとした嫌らしい悪役を得意とするが、今回はしゃきっとした「善玉」で、それにも腕の良いところを見せていた。(写真下)

画像

 けっこう男前なのに、ボリウッドでもテルグでも中途半端な位置に甘んじているディーパクは、本作でも中途半端な役どころだった。(彼は、ボリウッドではArjan Bajwa、テルグではDeepakと名乗っていることに最近気付いた。)

◆ テクニカル面
 歌やダンスには特に力点は置かれていないようだ。ただ、BGMは良かった。
 音楽シーンでは、唯一「ドラム・ダンス」と名付けられたシーンが面白い趣向だった。(写真下。中国映画【House of Flying Daggers】(04:邦題【LOVERS】)からアイデアが取られているようだ。)

画像

 撮影、CG、編集はお見事。
 メイクも総体的に良かったのだが、パスパティの霊に取り憑かれた人々は額に傷のある白塗り顔になり、まるで「筋肉少女帯」の大槻ケンヂ氏みたいで、あれはいただけなかった。

◆ 総評
 ‘idlebrain.com’のレビューでは、本作を評して‘Magnum Opus’(最高傑作)と典雅なラテン語で賞賛している。最高傑作、とまで言い切る自信は私にはないが、記憶に留めるべき労作には違いない。ぜひ観ておきたいし、しかも、なんとしてでも大画面、大音響で鑑賞したいところだ。

・満足度 : 4.0 / 5

¶参考
日本語で書かれたレビュー
http://www.indo.to/log/kahkashaan/?itemid=1396
 

テーマ

注目テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(14件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
ディーパクを探せ!
先日見た【Bhadra】で第二ヒーローをやっていたディーパクさん この赤シャツの人 ...続きを見る
ドミドミ日記
2009/03/25 07:00
【Magadheera】 (Telugu)
 「チル太」こと、ラーム・チャラン・テージャ主演のテルグ映画。  【Chiruta】(07)でまずまず無難なデビューを飾ったチル太だが、センセーションを巻き起こしたとも言えず、正直なところ物足りなさを感じたファンも多いことだろう。  あれから2年、、、2年も何やってたんだ、という詮索はさておき、ついにラーム・チャランくんの第2作登場と相成りました!  製作費がテルグ映画史上最高の4億ルピーということで、公開前から話題沸騰、しかし、公開されてからはさらに沸点が上がり、AP州では公開... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2009/08/11 11:45
【Nagavalli】 (Telugu)
 2011年の初鑑賞作品はテルグ映画の【Nagavalli】。まだ帰省ボケ(正月ボケ)が残っていたので、ややこしい映画を観るよりは、単純なものを選んだ。  本作は、昨年公開のブロックバスター、ヴィシュヌヴァルダン主演のカンナダ映画【Aaptha Rakshaka】のリメイク。と同時に、ラジニカーント主演のタミル映画【Chandramukhi】(05)の続編でもある。監督はすべてP・ヴァース。  ¶参照 【Aaptha Rakshaka】   http://cauvery-sout... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2011/01/13 20:29
【Deiva Thirumagal】 (Tamil)
 今回紹介するタミル映画【Deiva Thirumagal】は、いくつかの点で私にとって非常に楽しみな作品だった。  まず、監督がA・L・ヴィジャイであること。【Madrasapattinam】(10)で評判を博したヴィジャイ監督が、それに続く秀作を送り出すことができるか?  次に、怪優ヴィクラムがまたまた特異な役柄に挑戦していること。公開前から本作はショーン・ペン主演のハリウッド映画【I Am Sam】(01)の翻案だと言われていたが、実際、ヴィクラムは知恵遅れの大人の役を演じて... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2011/07/23 01:26
【Only Vishnuvardhana】 (Kannada)
 先週末公開の話題の南インド映画は、タミル映画の【Osthe】、テルグ映画の【Panjaa】、カンナダ映画の【Only Vishnuvardhana】と【Shyloo】になろうかと思う。シンブ主演の【Osthe】はヒンディー映画【Dabangg】のリメイク、ガネーシュ主演の【Shyloo】はタミル映画【Mynaa】のリメイクだが、どちらも評判は良い。パワン・カリヤン主演の【Panjaa】はタミルのヴィシュヌヴァルダン監督の手になるもので、これまた異色のアクション映画との評判。どれも観たいと... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2011/12/16 21:35
【Dandupalya】 (Kannada)
 2週間前に満員で観ることのできなかったカンナダ映画【Dandupalya】を観て来た。  本作はほとんど前宣伝されていなかったため、私もノーマークだったのだが、公開直前に街頭に張り出されたポスターを見て驚いた。なんと、酒を食らい、ビーリーを吸うプージャー・ガーンディがいるではないか! ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2012/07/17 21:23
【Dhamarukam】 (Telugu)
 タミル映画界が地味だったのに対して、今年のテルグ映画界は人気スター、著名監督による話題作が期待どおりの興行成績を上げ、賑やかだった印象がある。【Businessman】と【Devudu Chesina Manushulu】で外したっぽいプーリ・ジャガンナート監督も【Cameraman Gangatho Rambabu】で逆転ホームランを放っている。  多くのスターがヒット作をものにした中で、ボックスオフィス的に渋かったのがラヴィ・テージャとナーガールジュナだろう。ただ、ナグさんの場合は... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2012/11/30 23:37
【Chandi】 (Telugu)
 カンナダ映画の【Election】(13)と【Bhairavi】(13)の鑑賞記で、カンナダ映画には強き女ヒーローが活躍する「女傑物」がコンスタントに作られている、という趣旨のことを書いたが、それは何もサンダルウッドの専売特許というわけではなく、他言語映画産業でもポツリポツリと現れはする。例えばテルグでは、ムマイト・カーン主演の意外と面白い【Maisamma IPS】(07)があったし、【Arundhati】(09)だって女傑物にカウントすることも可能だろう。 ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2013/11/14 22:18
【Bhajaranghi】 (Kannada)
 本作は、2ヶ月ほど前に予告編を映画館で見て、それがカンナダ映画にはあり得ないほど気張った感じだったので、期待の1作となった。絵面から黒魔術か何かをモチーフにしたファンタジー物らしいということは察しがついたが、主演がシヴァラージクマールというのだから、傑作・駄作どちらに転んでも、突っ込みどころ満載なのには違いなかった。  しかも、公開前になって、本作でシヴァンナが筋トレを断行して「シックスパック」になっているということが分かり、期待感は一気に怖いもの見たさのゾーンに突入。「男シヴァン... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2013/12/18 01:55
【Avatharam】 (Telugu)
 テルグのコーディ・ラーマクリシュナ監督は、別に神様映画ばかり撮っているわけではないが、【Ammoru】(95)で嵌った私としては、神様映画の作り手という認識が強い。特に女神物に面白みを見せ、女神萌えの私にとって、彼のそれ系の作品はどれも旨い。作風は、のけ反り必至のグロテスクなイメージが連発する中に、女神特有の艶っぽさと瑞々しい生命力が溢れ出るもので、これまたクセになるテイスト。  そんなコーディ・ラーマクリシュナ監督の、気が付けば前作【Arundhati】(09)から実に5年ぶりと... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2014/04/24 22:35
【Rana Vikrama】 (Kannada)
 プニート・ラージクマールの話題の新作は【Rana Vikrama】。  プニートの作品はすべて観ていたが、2014年の2作(【Ninnindale】と【Power***】)はお休みし、先日観た【Mythri】はやや変則な役柄だったので、プニートの本格的主演作を観るのは1年半ぶりになる。  もちろん、プニートが楽しみということではなく、私の目当てはアンジャリとアダー・シャルマーなのだが、それは脇に置くとして、今回は監督のパワン・ウォデヤルに注目したい。ヒット作【Govindaya ... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2015/04/15 21:18
【Rudhramadevi】 (Telugu)
 【Arundhati】(09)の成功で、アヌシュカ・シェッティは南インド映画界でも数少ない「剣が持てる」/「女王が演じられる」女優というイメージを確立したが、その彼女が実在した女王ルドラマ・デーヴィを演じるということで、話題となっていた。しかも監督が【Okkadu】(03)や【Arjun】(04)などのスペクタクルな娯楽作品を送り出してきたグナシェーカルということで、期待はさらに膨らんだ。ところが、トレイラーが発表されるや、しょぼいCGに「えっ?」となり、また、公開予定日が何度も延期... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2015/10/15 20:52
【Raju Gari Gadhi】 (Telugu)
 この週末はスワーティ主演のホラー映画【Tripura】を観るつもりだったが、評判が芳しくないので、同じくテルグのホラー映画でヒットしている【Raju Gari Gadhi】のほうを観ることにした。  監督はオームカールで、テレビ番組の司会者で知られた人らしい。映画監督としては本作が2作目で、デビュー作の【Genius】(12)はフロップに終わっている。  ちなみに、カンナダ映画のほうでもこの週末に2本のホラー映画(【Ouija】と【Raakshasi】)が公開されたが、最近はホラ... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2015/11/10 22:16
【Nagarahavu】 (Kannada)
 もう7年前に200本の主演映画を遺して逝去したヴィシュヌヴァルダンが、現代に甦り、201本目の作品となったのがこの【Nagarahavu】。顔ペタのデジタル処理であっても、「201本目」と謳われると、観に行かざるを得ない。  監督はファンタジー映画の第一人者、テルグ映画界で活躍するコーディ・ラーマクリシュナ。VFXはテルグ映画の【Eega】(12)や【Baahubali】(15)でお馴染みのMakuta VFXが担当するということだから、これは期待できるかも。  さらにヒロインは... ...続きを見る
カーヴェリ川長治の南インド映画日記
2016/10/26 20:22

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(8件)

内 容 ニックネーム/日時
これ興味あったんですよねぇ、なんと言ってもスチールを見ただけで凄そうじゃないですか。

コディ ラーマクリシュナ監督ですか。久々ですねぇ。【Anji】以来になります?
この監督もおもろいでんなぁ。【Ammoru】や【Anji】のように良い作品も取っていながら、見ると腰が砕けるようなB級C級神様物もあって。

ソーヌ スードは、ボリであんまり情けない使われ方しかしないので、やけくそになったのでは?(笑)
これから南での露出が一層増えるでしょうかねぇ。
それほどの迫力のある演技を持っている人ならうれしいですな。
Piyo
2009/02/14 06:32
コディ・ラーマクリシュナ監督の作品は、私、【Ammoru】しか観ていないんですよね。
観たいなぁ。

>それほどの迫力のある演技を持っている人ならうれしいですな。

「迫力のある演技」と言えるかなぁ・・・。
やっぱり、けっこう情けなかったりするんですが。
ただ、ソーヌ・スードといえば、「ああ、Arundhatiの人ね」と来るぐらいのインパクトはあったと思います。
【Jodhaa Akbar】はご覧になりました?
 
カーヴェリ
2009/02/14 11:26
あれ!?【Anji】も見てらっしゃらないんですか?
これはいいですよぉ。ナイスです、お勧めです。
私はあと、【Devi】【Trinetram】【Devullu】の神様物見ました。
前者2作はのけぞるB級以下物(なんとなく知ってはいて、一度のけぞってみたいと思って買ったのですが、期待以上にのけぞれました。)3つ目の【Devullu】はまぁ普通のB級でしょうか。サウスの各種名所寺院が見れて、各種スターの神様姿が見れます。

【Jodhaa Akbar】見てないんですよねぇ。
ドイツでは大分前から発売予定に入っているのですがのびのびになってて、と今見たら3DVDスペシャルPackなるものがやっと発売になってました。
20EURか、値崩れするか半額ぐらいの中古が出るの待ってよ。
評判はそれなりに聞いてますが、どうです?見てると良いかなぁ?

Piyo
2009/02/14 17:12
【Devi】はそういえばDVDを持っていました。同じ監督だったんですね。
【Anji】もよく見かけるので、買って鑑賞リストに入れますね。
あとの2つは探してみます。

>評判はそれなりに聞いてますが、どうです?見てると良いかなぁ?

悪いわけじゃないんですがねぇ、長くて退屈ですよ。
私が観たときは、子供たちが映画館内を走り回る運動会と化していました。
ソーヌ・スードが良い役をやっているのと、リティックが出ているのとで、名前を挙げてみました。
 
カーヴェリ
2009/02/14 20:16
>あとの2つは探してみます。

え!?あ、そ、そうですか!?
【Devi】に面白いところを見つけられるのだったら、まぁいいかぁ、、、、、
カーヴェリさんが悲しくなりませんように、、、、

>ソーヌ・スードが良い役をやっているのと、リティックが出ているのとで、名前を挙げてみました。

なるほど、値崩れ待ちます(笑)
【Singh Is Kinng】は見られました?
ここのソーヌ スードは、、、、ああいう映画だしまぁあれでも良いんですが、なんかちょっと可哀想な使われ方かなぁって思っちゃいました。
Piyo
2009/02/14 21:31
>ここのソーヌ スードは、、、、ああいう映画だし、まぁあれでも良いんですが、なんかちょっと可哀想な使われ方かなぁって思っちゃいました。

少なくとも、頭、痛かったでしょうね。
 
カーヴェリ
2009/02/14 22:24
ソヌー・スードは【Mr Medhavi】(Telugu - 2008)では、これまでにないポジティブな役で出てきてましたよ。で、いつ本性を現すかとワクワクしながら見てたんですが、最後までイイ人のんまま。はっきり言って説得力ゼロですた。
Periplo
2009/02/15 20:50
確かに、よく悪役をやっている人がたまにイイ人をやると、いつオチがあるのかなと、期待してしまいますね。
それで、何もなかったらガッカリしたりして、「ふてぇ野郎だ」なんて思ってしまいますね。(悪いことしていないのに。)
 
カーヴェリ
2009/02/16 14:15

コメントする help

ニックネーム
本 文
【Arundhati】 (Telugu) カーヴェリ川長治の南インド映画日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる