アクセスカウンタ

<<  2017年3月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ

タイトル 日 時
【Raajakumara】 (Kannada)
【Raajakumara】 (Kannada)  プニート・ラージクマールのこの新作は、トレイラーが月並みを絵に描いたような内容を示唆するものだったので、こんな映画、今どき観たがる人がいるのかなぁと思っていたら、公開後、やたら評判が良い。もっとも、プニートの映画だから、強大なファン層に支えられて、内容が貧しくてもさしあたっては好意的な評価が並ぶ。しかし、監督が【Mr & Mrs Ramachari】(14)で成功したサントーシュ・アーナンドラームだから、もしかして本当に面白いのかもしれない、などと考えながら、後回しにせず観に行った。 ... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/03/31 20:33
【Hebbuli】 (Kannada)
【Hebbuli】 (Kannada)  サンダルウッドの今太閤、キッチャ・スディープの新作。  もう1ヶ月前に公開されたものだが、ロングラン確実だったので、つい後回しにしてしまった。スディープはさて置き、晴れて離婚ほやほやのアマラ・ポールのカンナダ映画デビューということなら、観てやらずばなるまい。  監督は、そもそも撮影監督だったが、監督として【Gajakessari】(14)が当たったS・クリシュナ。彼の2作目となる。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/03/29 21:00
【Shuddhi】 (Kannada)
【Shuddhi】 (Kannada)  前回紹介した【Urvi】が女性主体の映画なら、この【Shuddhi】もそうで、この2作が同日公開されたのは全くの偶然だろうけれど、メディア上では何かとセットで語られることが多く、ならセットで観てやろうと、こちらも観て来た。  実は【Urvi】がいまいち私にはフィットしなかったので、似たような映画を観るのもなぁと、スディープ主演の【Hebbuli】に乗り換えようかとも思った。また、【Shuddhi】は小難しそうな映画だと予想されたし、ポスターに映っている白人女性の顔も怖そうだったし、決意が... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/03/23 20:32
【Urvi】 (Kannada)
【Urvi】 (Kannada)  シュルティ・ハリハラン、シュラッダー・シュリーナートという今サンダルウッドでホットな2人に加え、シュウェーター・パンディトという、3人の女優が主役の映画ということで話題になっていたが、トレイラーも刺激的で、超楽しみな1本だった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/03/21 20:45
【Eradanesala】 (Kannada)
【Eradanesala】 (Kannada)  グルプラサード監督の新作カンナダ映画。  【Director's Special】(13)鑑賞記でも書いたが、グルプラサードはまだ3作しか発表していないにもかかわらず、批評家からも一般観客からもすこぶる評価が高い。ただし、【Mata】(06)と【Eddelu Manjunatha】(09)に比べると、前作の【Director's Special】は失敗だったようである。それで、4年ぶりの新作である本作に期待がかかるわけであるが、公開早々、上映映画館の問題やプロモーションのやり方を巡ってプ... ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2017/03/13 20:32
【Chowka】 (Kannada)
【Chowka】 (Kannada)  1ヶ月前に公開されたのに、観たいような観たくないような気持ちが相半ばして、ほったらかしになっていた作品。  観たいというは、私が応援している女優が4人(プリヤーマニ、バーヴァナ、アインドリタ・レー、ディーパ・サンニディ)出ていることと、カンナダ映画界の重鎮、ドゥワーラキーシュの制作50本目記念作品だということ。ドゥワーラキーシュについては、特に肩入れしているわけではないが、ラージクマールの時代から俳優として、プロデューサーとして、監督として、面白いカンナダ映画を送り出し続けてきた人物とし... ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2017/03/09 20:51
【Srinivasa Kalyana】 (Kannada)
【Srinivasa Kalyana】 (Kannada)  インディーズっぽいが、巷で評判の良いラブコメが現れたので、観て来た。  監督のM・G・シュリーニワースは、ウペンドラ主演の【Topiwaala】(13)を撮った人で、本作では主演も兼ねている。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 2 / コメント 0

2017/03/07 20:57
【Baashha】 (Tamil)
【Baashha】 (Tamil)  先月下旬に短期一時帰国した際に、たまたま【Baashha】のデジタル・リマスター版(日本語字幕付き)の特別公開があったので、良いチャンスだと思い、観て来た。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2017/03/03 20:24

<<  2017年3月のブログ記事  >> 

トップへ

カーヴェリ川長治の南インド映画日記 2017年3月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる